カプ畜、情弱、ネ実脳の三大疾病を煩ったチルカちゃんが最強のラスタを目指して日々ぐだぐだぴーぴーするブログです。過度な期待はしないでください。
MHF-Z カプ畜チルカの【吹き専ですが何か?】 TOP  >  キーコンフィグの変更 >  抜刀ダッシュに失敗してしまうことがあるので対策を考えてみました。

抜刀ダッシュに失敗してしまうことがあるので対策を考えてみました。

Z大型アップデートで極ノ型実装により穿龍棍やスラッシュアックスFだけでなく
全ての武器種で使用可能となった抜刀ダッシュ

これまで私はそこまでやり込む程プレイしていなかったのであまり気にしていなかったのですが
この前のフォロクルル韋駄天で極ノ型を使い込み、改めて感じました。


結構暴発する。
思ったように出せない時がある。
出せてないと思って再度入力してる最中に実は出ててブレーキかかって何もできなくなる。

そこまで深くは考えてなかったのですが穿龍棍を操作している時も結構そういうことはありました。
ただ、記録を狙ってたりするわけではなかったのでちょっとしたミスぐらいにしか思ってなかったのですが
今回の韋駄天は超短期決戦で1分程度で勝負が着くというもので
一瞬のミスでも記録を逃してしまうということが多々ありました。

このスティックを2回倒すという動作が私はどうも苦手で・・・。
っていうか韋駄天でやりすぎてスティックがカタカタしてきてる気がしなくもない。

私が使ってるコントローラー(EDGE 301 ゲーミングパッド)は
PS2コントローラーよりもスティックがしっかりしてる(気がする)ので大丈夫だと思うのですが
それでも抜刀ダッシュの操作方法はもうちょっと確実に出せるようにやりやすくならないかなと考えてみました。

今回はキーコンフィグのファイルを編集してみます。

※keyconfigは本来あまり触ってはいけないところなので実際に変更する場合は自己責任でお願いします。
  バックアップはしっかり取って置きましょう。


キーコンフィグのファイルはMonster Hunter Frontier Onlineのフォルダーに入っています。
スクリーンショットの保存フォルダー等があるところです。

私の場合だとコンピューターを開いて
C:→Program Files→CAPCOM→Monster Hunter Frontier Onlineとフォルダーを開いていけば
そこにkeyconfigまたはkeyconfig.cfgというファイルがあります。

このファイルをメモ帳で開くと始めの方にcontroller guidという項目があります。



ここに自分のコントローラーのkey割り当て情報が書かれているので確認しておきましょう。

今回変更するのは下記の部分です。



前に移動する際の操作方法を変更します。
元々ある"0x01000000"っていうのはkey割り当て情報を見るとわかりますが
左スティック上のことです。



A(アナログスティック)Left(左)Up(上)ってことですかね?
このあたりの表記はコントローラーによって全然違ってくるのでもしわかりにくかったら自分がわかる操作方法から
該当のkeydata keyをコピーしてくるのが良いと思います。

この左スティック上の操作は無くしてしまうとスティックを上に倒しても動かなくなってしまうのでそのまま残しておき、
2段目の"0x00000000"になっている未使用部分を編集します。

ここで設定したボタンを2回押すことで抜刀ダッシュが出るようになるわけですが
現在のMHFではほとんどのボタンは既に使用されていて空いているボタンがほとんどありませんでした。

R2を2回押すと走り始めるとかだとやりやすそうで良いのですが
太刀のガードなんかで使われてますし他の操作とかぶってしまいました。

そこで今回私は左スティックの押し込みに設定してみることにしました。



L3っていうやつですね。
このkeydata keyをコピーして移動・前の2段目を書き換えます。



これでファイルを上書き保存してメモ帳を閉じます。
keyconfigファイルの変更が反映されるのはMHFを起動した際なので
既に開いていた場合は再起動してみましょう。

これで左スティックをカチカチッと2回押すことでダッシュが出るようになりました。

しかしスティック押し込みって他のボタンと違ってちょっと押し込みに力が要るっていうかポンポン押せないのですよね。
もうちょっと操作しやすくできないかなぁというのが今私が使ってみた感想です。

確かにダッシュは出しやすくなったのですがスティックに設定してるっていうのもあって
力んで押し込んじゃった場合前に進んでしまうのですよね。

もしも他に良い設定方法やボタン配置のアイディアがある方は教えていただけると嬉しいです。



ちなみに元々スティック押し込みはサインの発信だったのですが
コレ自体は結構前にいじって変更していました。



subkeyっていうのには『押しながら』っていう効果があるみたいで
今の私の設定だとL2を押しながら十字キー↓を押すことでサインが発信されます。

私はプレイ中に力んじゃってスティックを押し込むことが稀に良くあったので
ピコンピコン出るのが恥ずかしくて押し込んでも出ないように修正してたのでした。
関連記事
[ 2017年01月31日 21:57 ] カテゴリ:キーコンフィグの変更 | TB(0) | CM(2)

by名無しのカプ畜さん
ダッシュの誤爆は私も前々から気になっていたので早速試して見ます!

by名無しのカプ畜さん
ダッシュの入力がミスるのは、入力制御でのタイミングに関する設計不良じゃないかなぁ。
プログラム制御上、入力が拾えないタイミングがあるとか、入力検知しても他の処理を優先するためダッシュ処理が遅延しているとかw
ダッシュの入力は、ホントによくミスする場合が多いので、穿龍棍がずっと苦手だったのですよね><
極ノ型では、穿龍棍に限らず、使う場合が多いので、参考にさせて貰います~。

コメントを閉じる▲
ダッシュの誤爆は私も前々から気になっていたので早速試して見ます!
[ 2017/02/01 07:31 ] [ 編集 ]
ダッシュの入力がミスるのは、入力制御でのタイミングに関する設計不良じゃないかなぁ。
プログラム制御上、入力が拾えないタイミングがあるとか、入力検知しても他の処理を優先するためダッシュ処理が遅延しているとかw
ダッシュの入力は、ホントによくミスする場合が多いので、穿龍棍がずっと苦手だったのですよね><
極ノ型では、穿龍棍に限らず、使う場合が多いので、参考にさせて貰います~。
[ 2017/02/02 00:10 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

チルカ
かぷちる
カプチル



ぐぬぬ。

Author:チルカ

なんですなんです~?
私と遊んでくれるの?
当ブログはリンクフリーです。
相互リンクは随時募集中。
RSS等も御自由にどうぞ。
記事の転載は禁止とします。

ギルド優先依頼スケジュール表
対象モンスターは毎日昼の12時に切り替わります。
不具合等のご報告はココ!へお願いします。
MHF RSS
各ブログの最新情報はMHF-Gアンテナへどうぞ。

最新情報は素敵なブロガー達のアンテナへどうぞ。

最新情報はMHFアンテナMHFBlogアンテナへどうぞ。

かぷちるブログがお世話になっている方々の更新情報です。
相互リンク・RSSは随時募集中です。
開発日誌@びゅわ置き場
びゅわ置き場さんの主にMHSX2G更新情報です。
MHSX2Gの導入の仕方はココ! 使い方等はココ!
カンスト防止マイミッションシミュレーター
2016/05/04 更新
贅撃に対応。スラッシュアックスFの追加。
ヘビィボウガンの秘伝効果を1.3倍に修正。
使い方等はこちらの記事をご覧ください。
閃転上昇武器倍率計算機
スキル【閃転】発動時の余剰会心から
どのくらい武器倍率が上昇するのかを求めます。
辿異スキル【閃転強化】は武器会心率のみ影響します。
使い方等はこちらの記事をご覧ください。
モンスターハンター関連商品

最新コメント
プレイ時間
時間経ちました。健康のために、1時間おきに
分程度目を休める等の休憩を取りながら、
時間を決めて遊びましょう。
MHFブログランキング
モンスターハンターフロンティア・攻略ブログ
←応援していただけると
       励みになります。
MHFブログランキングに参加してるですよ!
クリックしてくれたら攻撃力強化【大】
重ね掛けしちゃうかもですよ〜?
お世話になっている方々(敬称略)


【ブログへのイラスト提供、企画に協力してくれた方々】

相互リンク&RSSは随時募集中です。
お気軽にお声をおかけください。
申し込みの連絡、メッセージ等は、
こちらの記事にコメントをお願いします。
また、長いこと休止してたけど更新再開したよ!休止中消して
っていう方がいらっしゃいましたら一言ご連絡ください。
カプチルブログの人気記事ランキング
現在アクセスの多い記事(ページ)です。
毎週水曜日にリセットする予定
どこからきたのかランキング
どのようにカプチルブログに辿り着いたのか?
リンクを貼って下さっているサイト様に感謝。
検索フォーム
カプチルブログの順位(FC2ランキング)
オンラインゲーム
11位
アクセスランキングを見る>>

モンスターハンター
2位
アクセスランキングを見る>>
ちるかなう
どーでもいいことから重要(?)なことまで
記事にする程のことではない話