FC2ブログ
カプ畜、情弱、ネ実脳の三大疾病を煩ったチルカちゃんが最強のラスタを目指して日々ぐだぐだぴーぴーするブログです。過度な期待はしないでください。
MHF-Z カプ畜チルカの【吹き専ですが何か?】 TOP  >  歌が紡ぐ物語 >  歌姫ストーリー第8章で必要になるグラレス鉱石とアタルカ純鉱石の採掘場所【花畑】

歌姫ストーリー第8章で必要になるグラレス鉱石とアタルカ純鉱石の採掘場所【花畑】

歌姫ストーリーの第8章をクリアすればいよいよモンスターの素材から様々な穿龍棍を生産することができるようになります。

その第8章の中に採取素材を御付きのネコに渡すという依頼がありますがその素材は、
GG大型アップデートで実装された新フィールド【花畑】の採取素材です。

現在こちらのフィールドのクエストは、

≪G☆7フロンティア≫百花の地に舞降りし華鳳鳥

メインターゲット:フォロクルル1頭の狩猟


のみとなっております。
つまり採取素材を持ち帰るには現在ではフォロクルルを狩猟するか3乙してクエスト失敗で帰還するしかありません。

幸い(?)花畑には色々なギミックがあり体力を奪う花の咲いた地面や
ハンターを包んでじわじわと体力を奪う植物もあるので狩りコに入っていても簡単に乙ることができます。




花畑には3ヶ所の採掘ポイントがあり、G級の花畑で採掘すると
歌姫ストーリーで必要なグラレス鉱石やアタルカ純鉱石を入手できます。

花畑の採掘ポイントやルートは以下の通り。



まずベースキャンプから左に行くと穴が開いているのでそこに飛び込みます。



降り立ったところが最初の採掘ポイント①です。



辺り一面、毒状態になる床なので体力はガンガン減っていきます。
採掘ポイント②は岩で塞がれていますが、攻撃すれば壊せます。
ペイントボールでも3個で破壊可能。




岩が崩れて通れるようになったところに採掘ポイント②があります。



そのまま進み外に出て右に行けば最後の採掘ポイント③です。


あとはフォロクルルを倒すなり、3乙して帰還し、歌姫ストーリーをクリアしましょう。



ここはどこですか??
なんだかあったかいです~。

関連記事
[ 2014年04月27日 13:57 ] カテゴリ:歌が紡ぐ物語 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

シクレ情報の確認をしたい方はこちら
プロフィール

チルカ
かぷちる
カプチル



ぐぬぬ。

Author:チルカ

なんですなんです~?
私と遊んでくれるの?
当ブログはリンクフリーです。
相互リンクは随時募集中。
RSS等も御自由にどうぞ。
記事の転載は禁止とします。

ギルド優先依頼スケジュール表
対象モンスターは毎日昼の12時に切り替わります。
不具合等のご報告はココ!へお願いします。
MHF RSS
MHFニュースサイト びゅわ速報 の更新情報です。

各ブログの最新情報はMHF-Gアンテナへどうぞ。

かぷちるブログがお世話になっている方々の更新情報です。
相互リンク・RSSは随時募集中です。

MHFブログコミュニティの更新情報です。
開発日誌@びゅわ置き場
びゅわ置き場さんの主にMHSX2G更新情報です。
MHSX2Gの導入の仕方はココ! 使い方等はココ!
カンスト防止マイミッションシミュレーター
2016/05/04 更新
贅撃に対応。スラッシュアックスFの追加。
ヘビィボウガンの秘伝効果を1.3倍に修正。
使い方等はこちらの記事をご覧ください。
閃転上昇武器倍率計算機
スキル【閃転】発動時の余剰会心から
どのくらい武器倍率が上昇するのかを求めます。
辿異スキル【閃転強化】は武器会心率のみ影響します。
使い方等はこちらの記事をご覧ください。
モンスターハンター関連商品


最新コメント
プレイ時間
時間経ちました。健康のために、1時間おきに
分程度目を休める等の休憩を取りながら、
時間を決めて遊びましょう。
お世話になっている方々(敬称略)

【ブログへのイラスト提供、企画に協力してくれた方々】

相互リンク&RSSは随時募集中です。
お気軽にお声をおかけください。
申し込みの連絡、メッセージ等は、
こちらの記事にコメントをお願いします。
また、長いこと休止してたけど更新再開したよ!休止中消して
っていう方がいらっしゃいましたら一言ご連絡ください。
カプチルブログの人気記事ランキング
現在アクセスの多い記事(ページ)です。
毎週水曜日にリセットする予定
カプチルブログの順位(FC2ランキング)
オンラインゲーム
26位
アクセスランキングを見る>>

モンスターハンター
1位
アクセスランキングを見る>>
ちるかなう
どーでもいいことから重要(?)なことまで
記事にする程のことではない話